YUICHIRO TAKEMURA

ナース人材バンク / 東京竹村 祐一郎

PROFILE 2008年9月中途入社

採用アウトソーシング会社に勤務後、医療・介護・福祉の分野で事業の拡大や新規事業の立ち上げにかかわるために転職。現在は東京事業所で看護師のキャリアパートナーを担当。

会社の「ファーストチョイス」の原動力に。仕事を通じて会社と社会に大きな貢献を。

エス・エム・エスキャリアを
選んだ理由は何ですか?

前職は採用企画のアウトソーシング業務の仕事をしていました。充実した毎日でしたが、始発で出社し、終電で帰ることが多かったですね。エス・エム・エスキャリアが主に医療・介護の分野で、社会貢献を大きな軸にしながら急成長していることを知り、とても感動しました。

当時27歳の私には、目の前のお客様しか見えていなかったのに対し、エス・エム・エスキャリアは「社会貢献」を目指していて、素晴らしさを感じました。この分野であれば、事業の拡大や新規事業の立ち上げに積極的にかかわることが出来るのではないか、チャンスがあるのではないかと思い、入社しました。

働き方も、前職のときから大きく変わりました。退勤時間が決められているので、自然と仕事の密度を濃くしなければならない。「一分、一秒ムダなく大切に」を心がけて仕事をしています。

仕事のよろこびや
モチベーションは何ですか?

自分自身のコンセプトは「顧客(医療・介護法人・看護師さん)、自分、仲間」の3つに向き合うことです。医療・介護法人から、時には難しい要望が寄せられたり、お叱りを受けたりします。そのような関係の中で信頼していただき、新たな提案を行い、実行し、成果につなげることが大きなよろこびです。それが社会貢献にもつながる、と考えています。

エス・エム・エスキャリアは「ファーストチョイス」、つまり、第一選択となる会社であること、顧客が困ったときに一番に相談される会社であることを目指しています。そのためには、会社全体の成長、サービスの質の向上が不可欠です。ファーストチョイスの達成過程が、自分のモチベーションでもあります。

仕事での困難や乗り越え方を
教えてください。

自分自身と向き合うことは、とても難しいですね。日々進歩していかなければならない状況の中、すべきことを明確にし、一瞬の妥協も許されない環境を自身で創り出していくことは決して簡単なことではないと思っています。

社内では、成功体験や失敗体験を適宜共有しています。中途採用者にはよくあることかもしれませんが、私は入社してすぐの時点では、上手くいかないことや、自分に不足していることを周りに素直に聞けませんでした(笑)。今では、皆で困難を共有し、助け合いながら乗り越えられていて、とても心地のよい環境です。

仕事で心がけていることは
何ですか?

この仕事を続けていくにあたり、模範となるような人間であり続けたいと本気で思っています。パフォーマンスをきちんと上げるだけではなく、広い視野と高い顧客視点を持って、顧客、自分、仲間と向き合うよう仕事に取り組んでいます。

私は、自分の市場価値等にはあまり興味がなく、尊敬できる仲間がたくさんいるこのエス・エム・エスキャリアという会社で「大きな原動力」になることを目指し、常に心がけて仕事をしています。

これからのビジョン、
やりたいことを聞かせてください。

業界での「ファーストチョイス」という地位に向けて、会社が示す方針を、きちんとやり切りたいですね。理想の達成が2020年になるのか2030年になるのか分からないですが、それに向かっていっそう取り組んでいきたいです。

そのためには、自分の成長がないと、新しいチャレンジはできません。会社を通じて自分自身を成長させ、もっと会社に貢献できる人間になりたいと思っています。貢献の方法が、新規事業なのか、現在の事業のプラスアルファなのかは、これから考えたいですね。会社というのは社会のために存在するもの。これからもエス・エム・エスキャリアという会社の一員として、力を発揮したいんです。

PAGE TOP